トップページ > 胸が小さい・毛深い > 胸が小さい・毛深いのは女性ホルモンが少ないせい?

胸が小さい・毛深いのは女性ホルモンが少ないせい?

胸が小さい、毛深いというのは、女性にとっては深刻な悩みになると思います。


周りを見渡すとみんなある程度胸があるし、自分みたいにぺったんこではない。肌もつるつるでピカピカ、男性に負けない毛深さで、とてもじゃないけど肌をさらせない人もいるかと思います。


胸も小さかったり、声が低かったり、度をこえて毛深かったりすると、女性ホルモンに何か問題があるのではないかと疑ってしまうのは無理もないことだと思います。


胸が小さかったり、毛深いのは女性ホルモンが少ないからだといわれることがあります。これに対しては色々な意見がありますが、胸の大きさや毛深さに女性ホルモンが関わっていることは事実でしょう。


例えば、妊娠すると胸が大きくなります。これは、もちろん赤ちゃんに母乳を与えるための準備として大きくなるわけで、プロゲステロンが乳腺を発達させて、エストロゲンがバストの脂肪を適度に増やすためだといわれています。


つまり、女性ホルモンの分泌量の増加によって胸は大きくなるのは間違いありません。


思春期を迎えると、女性らしい丸みを帯びた体型になり、胸も大きくなってくるのもの思春期になると女性ホルモンの分泌が増加するからです。女性ホルモンのピークが25歳前後ということを考えると、25歳時点が女性としての体の完成形ともいえます。


そのため、それまでに胸が大きくならなければ、その人にとってはそれが限界だということです。


女性ホルモンには胸を大きくするといった作用はありますが、あくまでどこまで胸が大きくなるかといったことや体型を決める要因は、遺伝的要因によるものがほとんどで、ほんの少しだけ生活習慣が影響するといったところです。


毛深さも同様で、毛深い女性は女性ホルモンが少ないからということがいわれますが、毛が濃くなるというのは、男性ホルモンの影響なので、女性ホルモンが少ないのではなく、男性ホルモンが多い遺伝的な体質というのが根本的な原因だとも考えられます。


ニューハーフの人達が女性らしい体つきになるために何をしているかということを紹介すると、女性ホルモン注射やエストロモンなどの経口薬を服用しているケースが多いです。


自分の体では女性ホルモンをつくれないので、それこそ薬の取り扱い説明書にある用量を超える量を服用しているそうです。副作用で頭がおかしくなる人もいるようなんですが、それでも飲んでいるのは覚悟の違いなんでしょうね。


バストアップや毛深いのを気にしてこうしたホルモン剤を処方してもらおうとしても普通のお医者さんであれば断られると思います。もちろん検査の結果、なんらかのホルモン異常が見つかれば治療ということで処方してもらうことはできると思いますが。


危険なのは個人輸入等で売られているネットで購入できるホルモン剤(プエラリアも含む)です。医師の監視のもと使わないとホルモン剤は本当に危険です。安易に手を出していいものではありません。