トップページ >  女性ホルモンの心身への影響 >  髪のハリ・艶・抜け毛・薄毛

髪のハリやコシ、抜け毛や薄毛も女性ホルモンで決まる!

髪は女の命と言われるぐらい、女性にとってとても大切なものです。


しかし、年齢を重ねていくにつれて、白髪はもちろん、髪のハリやツヤが失われていきパサつきやうねり毛が増えてきます。最近では女性向けの育毛剤や育毛サロンが増えているように抜け毛や薄毛といったことにも悩まされるようになります。


こうした髪の毛のハリやツヤ、抜け毛や薄毛にも女性ホルモンは関係しています。


女性ホルモンのエストロゲンにはコラーゲンの生成を促す働きがあります。コラーゲンというと肌の弾力成分ということはご存じだと思いますが、髪の太さにも影響しているので、加齢によって女性ホルモンの分泌が減ると、髪が細くなり、同時にハリやツヤも失われます。


※1日に摂取したいコラーゲンは5000㎎:コラーゲンドリンクランキング


抜け毛や薄毛については更年期など、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が極端に減少する時期になると一気に髪が抜けて薄くなることがあります。


産後も抜け毛が増えたり、髪が薄くなりやすいというのは出産を経験された方はご存じだと思いますが、これも妊娠中に増加していたエストロゲンが出産後に一気に減少するからです。


女性ホルモンのエストロゲンには、髪の毛を発達させ、髪の毛の成長期を持続させるという働きがあります。しかし、40代以降はエストロゲンがどんどん減少していく一方なので、髪の成長期が短くなり、休止期のほうが長くなってしまって抜け毛や薄毛が目立つようになるわけです。


他にも女性の抜け毛や薄毛には血流不足、ストレスなども影響しているといわれますが、血流不足というのは、「冷え」の影響も大きいでしょう。女性ホルモンのバランスを乱す冷えやストレスが女性の髪のエイジングにも大きく影響しているということです。


毛にかんして小話をもうひとつすると、女性ホルモンが減少することで相対的に女性にもある男性ホルモンのテストステロンの作用が目立ってくるので、ヒゲが生えてきたり、体毛が濃くなったりするケースがあるようです。


髪はどんどん痩せて細くなっていくのに、ヒゲが生えたり、体毛は濃くなるなど体はどんどん男性化していく。見た目の老化はもちろんですが、女性らしさも失われていくことでショックを受ける人は非常に多いようです。


更年期以降の女性の髪の悩みに関してはいろいろな商品がありますが、女性ホルモンを増やさないかぎりはなかなか解決が難しいところです。


確実にいえることは育毛剤ように髪や頭皮に働きかけるものよりも、卵巣の機能を高めたり、女性ホルモンを増やしてくれる植物性エストロゲンを摂取したほうがマシだということです。