トップページ >  女性ホルモンを整える・増やす >  マカ

マカ

マカは、アンデスの山岳地帯に自生している強精植物です。


男性の滋養強壮剤や精力剤としてのイメージが強いですが、女性が摂取しても卵巣機能を高め、女性ホルモンの分泌を活性化させる作用があるので、夫婦で一緒にマカを飲んで子作りに励んでいる人達もいるようです。


マカの特徴は、厳しい自然環境の中で自生するので、とても高い栄養価を持っているということ。


マカから抽出されたエキスには、


● 必須アミノ酸
● ビタミンB群
● 鉄
● カルシウム
● 亜鉛


といった成分がこれでもかと豊富に含まれています。


マカが女性ホルモンの働きをサポートするのは、女性ホルモンに似た働きをするといったことではなく、完全食品といえるほどの高い栄養価で卵巣の働きを高めることができるからです。(必須アミノ酸やビタミン、ミネラル不足すると卵巣機能が低下します。)


加工食品やインスタント食品の多い栄養バランスの偏った食生活や食事制限のダイエットなどの影響でビタミン、ミネラル不足というケースは多く、栄養不足もまたホルモンバランスを乱してしまう原因になります。


こうした栄養不足を解消してくれるのがマカです。


マカを飲むことで体のすみずみまで栄養素が行き渡ることで、体の基本的な機能が活性化し、その結果として体内環境が改善されて、女性ホルモンのバランスも整うということです。


卵巣機能の活性化に間接的に作用するというのがマカの働きということで、イソフラボンやザクロ、プエラリアなどの植物性エストロゲンといわれる直接的に作用するものと比べると効用としては1ランク劣ります。


また、不妊治療に利用されているといってもプラセンタのように医療機関で使用されているものではなく、赤ちゃんがほしい女性達の間で、「効く」「おすすめ」といわれているだけで、あくまで健康食品や民間療法レベルの話に留まっているのが現状です。


飲まないより飲んだほうがマシですが、過剰な期待はしないほうがいいかもしれません。