トップページ > ニキビ・肌荒れ > ニキビ・肌荒れの原因になる女性ホルモン(プロゲステロン)

ニキビ・肌荒れの原因になる女性ホルモン(プロゲステロン)

女性の肌はエストロゲンとプロゲステロンという2つのホルモンに大きく影響されます。


それがよくわかる例としては、普段はトラブルが全くないお肌であっても、生理前になるとニキビや肌荒れなどの肌トラブルが起きやすいということです。こうした生理周期によって肌の調子が大きく変化するのは珍しいことではありません。


そのため肌のコンディションを一定に保ち、肌トラブルを避けるためには、生理周期にあわせてスキンケアを変えていき肌の調子にあわせたお手入れをしていく必要があります。


簡単にですが、生理周期と肌の状態の変化を解説すると、


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


【生理中】(低温相)


エストロゲンもプロゲステロンも分泌が少なくホルモンの影響を受けていないニュートラルな状態です。肌の状態も安定しており、トラブルも少ないはずです。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


【生理後】(低温相)


排卵日までは「美肌ホルモン」や「若返りホルモン」ともいわれるエストロゲンの分泌が増加するので肌の調子は絶好調。新しいスキンケア化粧品もこの時期に試すのがいいといわれます。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


【生理前(排卵後)】(高温相)


排卵後はプロゲステロンの分泌が増加します。プロゲステロンは皮脂分泌を増やし、水分をため込むように作用するため、肌も不安定になり、ニキビ・肌荒れができたり、むくんだりとトラブルが増えます。この時期はまたシミができやすいので注意が必要です。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


という変化があります。


【生理中】【生理後】【生理前】とこうして分けてみると、女性ホルモンのバランスと分泌量の増減にあわせて肌の調子も好調と不調の波があることがよくわかると思います。


こうした肌の好不調の波は女性である以上は避けられないものですが、普段から女性ホルモンのバランスに気を使う生活を心がけていれば、不調のときもそこまで肌の状態が悪化することはありません。


しかし、逆にホルモンバランスが普段から不安定だと、いつ好調で、いつ不調なのかもわからないぐらい常に肌がボロボロで、トラブル続きということにもなりかねません。


「美しい肌を保ちたい!」と思ったら、こうした生理周期による肌のコンディションの変化というものを常に把握しておく必要があります。


● 生理前は脂っこいものを食べるのを控える
● 生理前はニキビ・肌荒れを防ぐためにニキビ用化粧品に切り替える


など、ホルモンバランスに応じて柔軟にスキンケアも変えていく必要があります。