トップページ > 40代のプレ更年期と低用量ピル(OC) > 40代からのプレ更年期と低用量ピル(OC)について

40代からのプレ更年期と低用量ピル(OC)について

更年期というのは、閉経をはさんだ10年くらいの期間のことをいいます。


日本人の閉経年齢は平均して50歳前後なので45~55歳ぐらいの10年間というのが更年期に当てはまります。(もちろん個人差があるものなので、この期間は前後することはよくあります。)


この更年期に入ると女性ホルモンのバランスが大きく変動するためホルモンバランスと一緒に同じ視床下部から指令がでている自律神経も乱れるようになります。


ほてりやのぼせ、イライラや憂鬱といった症状を訴える人が更年期に入って増えるのもホルモンバランスの乱れに起因する自律神経の乱れが起こるからです。これが日常生活に支障がきたすぐらいの重いものになると、「更年期障害」と呼ばれます。


この更年期特有の症状ですが、30代後半〜 40代前半にでてくることがあります。


40代になるともう間違いなく、すべての女性が生理や体調に変化を感じるはずです。これがいわゆる「プレ更年期」というもので、女性ホルモンの分泌が減りはじめた影響が心身にあらわれだした証拠です。


プレ更年期は日常生活に支障が出るような症状がでることはないけれど、なんだか変だなーという時期のことです。じわじわ減少しだした女性ホルモンがガクンと一気に減少するまでの過渡期でもあります。


このプレ更年期をどう過ごすかは更年期以降、身体にかかる負担を少なくするためには非常に重要です。今後の人生を快適に過ごすために40歳前後で一度、自分の心と体がどういう状態なのか確認しておくことはQOLを考えると決して無駄なことではないと思います。


閉経するまでには時間があるけれど、女性ホルモンが減ってきた影響で気持ちや体には確実に変化が起きてきている、そんなプレ更年期の女性におすすめなのが低用量ピル(OC)です。


低容量ピルを服用することでホルモンバランスが安定するのでプレ更年期のホルモン分泌が減少したことによる体の不調や不定愁訴を改善することができます。


● 生理の周期が改善する
● 生理前の落ち込みがなくなる
● 生理痛が軽くなる
● 月経の出血が少なくなる
● 爪が丈夫になり、割れなくなる
● 髪にハリとコシが返ってくる


ホルモンバランスの乱れによる様々なトラブルに高い効果が期待できます。


ピルには、体重が増える、吐き気、めまい、といった副作用があるといわれていますが、それは中~高用量ピルの話で、低用量ピル(OC)であれば、そうした副作用はほとんど報告されていません。


安全性も高く、依存性もありません。子宮内膜症の治療以外は自費診療になってしまいますが、それでもで1ヵ月あたり3,000円程度なので、治療費もそこまで高くならないと思います。


薬局での購入はできず、医師の診察が必ず必要になりますが、いつ始めてもいつ止めてもいい柔軟性もあるので、効果を確認しながらお試し感覚で使えるのも低用量ピルのいいところです。


はじめるのなら40~45歳ぐらいがいいといわれているので気になる方は婦人科にいって低用量ピルの相談をしてみてください。