トップページ >  女性ホルモンの心身への影響 >  生理痛・生理不順

生理痛・生理不順に対する女性ホルモンの影響

生理(月経)が重く、身動き取れない状態になる人もいれば、普段とは多少違う感じはするものの日常生活には何の支障もなく、生理期間中も普通に過ごしている人もいます。


生理痛の場合、あまりにひどいというときは、婦人科系の病気が関係していることがあります。クラミジア、子宮にできた腫瘍、、卵巣ガン、筋腫ができている、子宮内膜症などは痛みがある婦人科系の病気です。


生理不順であれば卵巣機能不全、子宮内膜症、子宮筋腫といった病気が原因のこともありますが、一番怖いのは子宮外妊娠。生理が遅れているな?と思ったら突然、卵管破裂で激痛!最悪死に至るものです。


そんな生理痛(PMS含む)や生理不順ですが、病気が原因ではない場合、冷え・ストレス・不規則な生活習慣で女性ホルモンのバランスが乱れていたり、分泌量が減ってくることが影響しています。


月経時には必要のなくなった子宮内膜を排出するために子宮を収縮させるのですがこの時に子宮収縮ホルモンが分泌されるようになります。このホルモンは「プロスタグランジン」といって、出産時の陣痛を促すホルモンと同じで、痛み物質でもあります。


生理が重い人というのは、婦人科系の病気でない場合は、このプロスタグランジンが過剰に分泌される体質であることが多いのですが、他にも冷えやストレス、不規則な生活習慣によって分泌量が増えてしまっているケースも考えられます。


特に生理痛が重い人に共通するのは「冷え」です。


ただでさえ、プロスタグランジンが多めに分泌される体質なのに、そこに冷えが加わってしまうと骨盤内の血行が悪くなり、卵巣や子宮の機能が低下して、より生理痛の症状が重くなってしまっているんですね。


冷たい食べ物や飲み物を避けて、温かい飲み物や食べ物を摂取したり、お腹をカイロで温めてあげるだけでも卵巣や子宮の働きをサポートすることができ、プロスタグランジンによる痛みを緩和できます。


とにかく生理痛対策は、「冷え」対策だということを覚えておいてください。


生理不順は病気以外では、冷えやストレス、不規則な生活習慣(タバコ・ダイエット・痩せすぎ)といったことが原因で、自律神経が乱れており、その影響でホルモンバランスも乱れてしまっていることが原因です。


さらに、35歳以上となると、加齢により子宮と卵巣の機能が下り坂に入ってきていることも関係してきます。何もしなければ、そのまま下り坂を転げ落ちてしまいますから、食事・睡眠・ストレスにこれまで以上に気を使う必要がでてきます。