トップページ > プエラリア > プエラリア

プエラリア

プエラリアは、プエラリア・ミリフィカやガウクルアとも呼ばれるマメ科の植物です。(プエラリアというのはプエラリア・ミリフィカの属名。ガウクルアは原産地のタイでの呼び名。)


バストアップに興味がある方は、よくプエラリアを配合したバストアップサプリメントを目にするのではないでしょうか。バストアップサプリメントの成分としてはプエラリアは定番中の定番です。


プエラリアの根の部分には、女性ホルモンの働きをサポートする植物性女性ホルモンともよばれるイソフラボンが含まれています。しかもその含有量は、大豆の40倍という量だそうで、これだけでも充分に女性ホルモンの働きをサポート出来ます。


しかし、プエラリアはこれだけにとどまらず、その真骨頂はミロエステロールという成分を含有していることにあります。このミロエステロールは、イソフラボンの1000倍以上の作用があるとされる超強力成分です。


要するに、体内に吸収されるとエストロゲンと同じ働きをする植物性エストロゲンとしては、イソフラボンやザクロなどをはるかに上回るほどの力がプエラリアにはあるということです。


事実、この強力な植物性エストロゲンとしての作用に期待して医薬としての開発を試みたことがあったようですが、効果が出るのが遅いこと、服用を止めても効果が持続し続ける特徴が嫌われて、医薬化は頓挫したようです。


医薬品に匹敵する効果効能を示すミロエステロールを含むプエラリアは、使用すれば高い効果を期待することができますが、医薬化を断念した経緯を見てもわかるように、扱いが非常に難しく、効果以上に副作用のリスクが高すぎるということで敬遠されているのが実情です。


現在、バストアップサプリや女性ホルモンのバランスを整える健康食品としてプエラリアが販売されていますが、これについてもいろいろと指摘されており、


● 原料のプエラリア・ミリフィカに似た植物が多数あり、判別が困難
● プエラリア・ミリフィカに似た植物には毒性の強い植物がある
● 異物の混入の可能性、プエラリア自体が入っていないケースもある
● タイ産のプエラリアは加工品しか輸出できないため成分を調べようがない


といったことがあり、果たして販売されているプエラリアが本物なのかどうかは日本の販売元もわからないという状態です。偽物なら当然効果を実感することはなく、本物のプエラリアを濃縮したサプリを入手できたとしても、それはそれでエストロゲン過多になり、逆にホルモンバランスを乱す原因になってしまうことが普通です。


作用として医薬品と同レベルなので使用する際は医師と相談するほうが安全ですし、更年期障害などでエストロゲンの分泌が極端に落ち込んだ人以外ははっきりいってプエラリアの作用は強すぎるので使用するのは危険だと思います。


● 何の効果も反応もないのは偽物を掴まされた可能性大!
● 頭痛やめまいなどの副作用は異物の混入の可能性あり!
● 妊娠・授乳中、20歳未満、生理中は使用すべきではありません!
● 本物の場合、摂取量は必ず守ること。
● 効果が出てくるのが遅く、止めても効果が持続するデメリットを頭に入れておくこと


ひとくせもふたくせもあるのがプエラリアです。気をつけましょう!