トップページ > バラの香り > バラの香り(ローズ)

バラの香り(ローズ)

香りによって、気持ちが落ち着いたり、癒されたりといった経験は誰にでもあるはず。


アロマセラピーというものがあることからも分かるように、香りは、人間の心と身体の両方にさまざまな作用を及ぼすものであり、うまく利用することで、心身のバランスを整えて体の不調や不定愁訴を緩和してくれる働きが期待できます。


ホルモンの司令塔はいうまでもなく「脳」です。


香り(アロマテラピー)の特徴というのはそんな脳に直接届いて作用することなので、女性ホルモンの分泌の指令をだす視床下部や下垂体にダイレクトにアプローチできます。


また、ホルモンを司る視床下部は同様に自律神経の司令塔でもあるので香りの力で交感神経の緊張を緩め、副交感神経を優位にすることで、自律神経のバランスもとれて結果としてホルモンバランスを整えることもできます。


香りの力を利用しようとする場合、真っ先にアロマテラピーが思い浮かぶと思いますが、何もアロマキャンドルやアロマポットなどの専用の道具を使用しなくても香りの力を体感することはできます。


お風呂に1滴、精油をたらしたり、ハンカチに香りをしみこませたものを枕元に置いておくといったことでも香りの作用は充分実感できます。必要なのは精油だけなので普段の生活に簡単に取り入れられると思います。


ストレス解消→自律神経整う→ホルモンバランスも整うといった効果が期待できるものには、


● ローズ
● ラベンダー
● カモミール
● ジャスミン
● ペパーミント
● ベルガモット
● ローズマリー
● イランイラン
● ゼラニウム


などがあります。このなかでも、女性ホルモンのバランスを整えてくれるものとして、評価の高いものにはローズとゼラニウムがあります。


特にローズ(ローズオイル)というのは「精油の女王」といわれるほどひときわ高い作用を示すことで有名で、古くから健康・美・若さの象徴として、さまざまな用途に利用されてきたものです。


● 芳香効果
● 美肌効果
● 免疫力強化
● ホルモンバランスの調整効果
● 癒し・リラックス効果


バラの香りにはこのような効果があるといわれており、女性とは非常に相性がいい香りです。世界最高品質といわれるブルガリア産のダマスクローズのローズオイルが非常に高値で取引されていることをご存じの方も多いのではないでしょうか?


(※ローズオイルにはローズオットーとローズアブソリュートの2種類あります。ダマスクローズから抽出されたものはローズオットーになります。女性ホルモンへの影響はローズオットーのほうが上。)


ストレスが溜まると、自律神経が乱れてホルモンバランスが乱れるだけでなく、体内で副腎皮質ステロイドという物質が分泌されて、女性ホルモンの働きや分泌量を減少させてしまうといわれています。


そのためストレスを解消することが必要になるわけですがストレスの存在は、自分では気がつかなかったり、気がついていても自力ではなかなか解消出来ないものも多いです。


バラの香りには、そうしたストレスやショックを緩和もあり、副腎皮質ステロイドの分泌を抑制することができますから、結果として女性ホルモンの働きや分泌の阻害要因を排除する効果もあるんですね。


バラの香りをはじめとして香り(アロマ)には、目に見えないストレスや疲労を改善する効果があり、また女性ホルモンの分泌に作用したり、女性ホルモンの働きを阻害する物質の作用を抑えるといった効果もあるので、女性ホルモンを安定させるための非常に有効な手段といえます。